レーザー技術がピカイチ!トリア・ビューティーを徹底調査

クリニックやエステで脱毛するのと比べると、かなり激安で脱毛効果を得られるトリア脱毛器ですが、それでも3万円以上もする高価格帯な商品。

だかこそ、どんな会社から販売されていて、ちゃんとした実績のある商品なのか、納得した上で購入したいですよね!

トリア脱毛の歴史や世界での販売事情も含め、調べた限りをお伝えできればと思います。

トリア・ビューティ(tria beauty)ってどんな会社?

トリアビューティはざっくりいうと光美容に特化した会社です。

トリアというと、脱毛器のイメージが強いですが、
ニキビ・ニキビ跡のケアができるLEDレーザー美顔器や、シミ・シワなど年齢肌にアプローチするエイジングケアレーザー美顔器も開発・販売している会社です。

まさに、家庭で手軽に「光の効果でお肌を美しくする」ことができる商品を開発しているのが、トリアビューティなのです。

実は日本のみならず、世界でも販売実績があり、家庭用レーザー脱毛器における高い安全性と優れた脱毛効果が認められ、専門機関からきちんと認可された商品なのです。

ダイオードレーザーの生みの親が作った会社

トリア・ビューティがアメリカで設立されたのは2003年のこと。

世界でもトップシェアを誇るクリニック仕様のレーザー脱毛器『ダイオードレーザー(ライトシェア)』を開発した科学者たちが、

家庭で使える脱毛器を作ったら、もっとレーザー脱毛の素晴らしい技術が広まるんじゃないかと考え、立ち上げたのがトリアビューティーなんだそうです。

プロフェッショナルな技術(特許取得)を持った人たちが設立した会社となれば、脱毛技術においての信頼度は相当高くなりますよね。

こうして、2005年に日本で初めてレーザー脱毛器が発売されたわけですが、当時は「アイエピ」という商品名でトリアの旧タイプが発売されました。

値段は14万以上したようですが、値段は高いけど効果がある商品として、結構ヒットしたようです。

その3年後、アメリカでトリアレーザーがFDAの認可を取得!韓国やヨーロッパにも展開され、世界でも注目される商品に。

FDAの認可って?

何それ?って感じですよね^^;FDAとはアメリカ政府の直属機関のことで、日本でいうところの厚生労働省的な重要なポジションになります。

トリアレーザーは、安全かつ永久的に脱毛ができることが証明され、この機関からきちんと認可されている、唯一の家庭用レーザー脱毛器なんです。

日本では法律上、「永久脱毛」として宣伝販売できませんが、アメリカでは永久脱毛として認可されているので、トリアの外箱に「永久脱毛」と書いてあるらしいです。

世界の有名店舗にもトリア!

もともとアメリカでスタートし、日本から順次展開した会社のようですが、いまやヨーロッパやカナダまで広がりを見せています。

アメリカだと、ルイヴィトングループが運営するハワイのSephora(セフォラ)で人気商品として置いてあったり、

韓国では明洞(ミョンドン)にある、超有名なロッテ百貨店デパートの1Fにトリア専用ブースが設置されているほど。

日本ではネット通販でももちろん購入できますが、実店舗ではPLAZAや東急ハンズでも取り扱いがあって、こちらでは売上金額/台数で継続的に1位を獲得しているほど!

世界のいたるところでも販売実績あるメーカーさんなので、人気が出るのもうなずけます。

もともとトリアは美顔器でも有名ですし、雑誌でも度々登場するので、美容機器の中では知名度は高めだと思います。

私自身色々と調べていく中で、永久的な脱毛効果や安全性がきちんと認可されていることを知り、個人的にますますトリアへの安心感が増しました^^

他社にはマネすることができない特許技術も取得しているので、これからもトリアは進化していくのではないでしょうか。

⇒TRIAオフィシャルサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました